11月 022013
 

宮城県警は7日、福島市の除染作業の現場に、自らが雇った労働者を無許可で派遣していた、暴力団の元幹部らを逮捕したことを発表しました。
労働者派遣法違反(無許可派遣)などの疑いで逮捕されたのは、指定暴力団稲川会系の元幹部、西村満徳容疑者ら4人。
また、元人材派遣業の佐藤拓也容疑者も同容疑で逮捕、土木会社長の長田俊明容疑者と建設会社員の林文典容疑者は、職業安定法違反(労働者供給事業の禁止)の疑いで逮捕したそうです。
県警によると、西村容疑者らは今年3月ごろ、福島市が発注した除染作業を請けた際、2次下請けの宮城県内の建設会社に長田容疑者の土木会社を通じ、派遣業の許可を受けていない男性6人を派遣し、除染作業をさせた疑いがもたれています。
西村容疑者らは、無許可で派遣された6人の賃金の一部を暴力団の資金に流用していた疑いがもたれています。

10月 082013
 

大阪府警西淀川署は7日、スーパーで食料品を万引し、逃走時に買い物客を金属バットで殴った疑いで、住所不定・職業不詳の岩田保容疑者を事後強盗容疑で逮捕したことを発表しました。
西淀川署によると、岩田容疑者は7日午後3時ごろ、大阪市西淀川区御幣島のスーパーで、すしなど食料品2点を万引きし、その万引き行為を目撃し、逃走しようとする岩田容疑者を呼び止めようとした男性の腕を金属バットで殴ったというのです。
ただ、岩田容疑者は「商品は店からもらった」と容疑を否認しているそうです。
「店からもらった」と岩田容疑者は話しているということですが、岩田容疑者は男性を殴った後に自転車で逃走し、男性の110番で駆けつけた西淀川署の署員に逮捕されたのですから、店からもらったのなら、自転車で逃走しようなんてするはずがないですよね。

飯島勲内閣官房参与が密かに北朝鮮入りしていた

 未分類  コメントは受け付けていません。
6月 102013
 

飯島勲内閣官房参与が、密かに北朝鮮入りしていたことが明らかになり、関係者に波紋が広がっています。
飯島氏の北朝鮮入りは、拉致被害者である横田めぐみさんの父、横田滋さんらにも知らされておらず、「何のための訪朝か一切聞かされていないので分かりません」と、記者らの質問に答えています。
しかし、飯島氏といえば、平成14年9月に、当時の小泉純一郎首相の秘書官として日朝首脳会談に同行した人物。その人物が北朝鮮に向かったのですから、目的は拉致問題の解決でしかないでしょう。
そのため、横田さんは「当然政府の意向を受けての訪朝だと思うので、日朝間で(拉致問題についての)話し合いがあることを期待している」と語っています。
なかなか動かなかった拉致問題が、飯島氏の北朝鮮入りで大きく動くかもしれませんね。

市の男性職員が替え玉を使ってマラソン大会を優勝

 未分類  コメントは受け付けていません。
4月 192013
 

神奈川県小田原市で10日にマラソン大会が行われたのですが、その大会に参加していた23歳の市の男性職員が替え玉を使って優勝していたことを、26日に市が発表しました。
市によると、男性職員が替え玉として出場させたのは、市が今春採用を予定していている22歳の男性。男性職員と替え玉となった男性は、高校陸上部の先輩後輩。
22歳の男性は、他の選手のサポートのため会場にいたのですが、先輩である男性職員が足に痛みがあったため出場を辞退すると言っているのを聞き、「代わりに出る」と申し出たそうです。
マラソン大会を主催した市体育協会は、男性の優勝を取り消しにし、市も近く男性職員を処分し、22歳男性の採用を保留する方針だそうです。
ほどほどに走っていればバレなかったでしょうに、替え玉であるのに、ちょっと頑張り過ぎてしまいましたね。

 

環境相に就任した石原伸晃氏。その石原氏が27日、前任の長浜博行氏との事務引き継ぎを行わずに執務を始めたことが明らかになりました。
2009年に自民党から民主党へ政権交代した際には行われた事務引き継ぎ。
ただ、大臣同士の事務引き継ぎセレモニーのようなものだそうで、長浜氏に手間を取らせないようにとの配慮や、セレモニーより事務方との実務的引き継ぎを優先したため、こうした対応になったということです。
就任挨拶で「東日本大震災後、環境省の仕事はより重要になった。間違った政治主導で思う存分仕事ができなかったかもしれないが、私が責任を取るので最大限の力を発揮してほしい」と語った石原氏。
自民党が政権に返り咲いたことで、民主党政権で残されたままの被災地の問題が少しは改善されるのでしょうか?。

 

スマートフォンのアプリ掲示板が、新たな出会い系サイトと化し、そのアプリ掲示板を利用する中高生が性犯罪に巻き込まれたりするケースが増えているそうです。
アプリ掲示板は、無料通話アプリ「LINE」で使う利用者IDを使って投稿できる掲示板で、相手の電話番号やメールアドレスを知らなくても、匿名のまま相手とやり取りできるため、友だち募集とうたった掲示板には、見知らぬ男女との出会いを求める書き込みが急増しているというのです。
ただ、そのアプリ掲示板を使って援助交際をする人も増えており、そのためアプリ掲示板での出会いで、犯罪に巻き込まれる人も増えているようなのです。
そのため、アプリ掲示板の書き込みを規制することが検討されているのですが、こうした掲示板は通話アプリ会社とは別の会社が勝手に運営しているため、規制しようにも規制できない状態になっているようです。

 

消費増税を柱とする税と社会保障の一体改革関連法案に一番反対しているのは、同志である民主党です。
しかも、法案に反対している党員たちを、さらに憤慨させることが19日に起きたのです。
民主党は19日夜、一体改革調査会と税制調査会などの合同会議を党本部で開き、自民、公明両党との修正合意についての議論が行われたのですが、当然のことながら議論は紛糾。
すると休憩を挟んで4時間以上に及んだところで、前原誠司政調会長が「全員が賛成なら了承だが、異論もあるので私に一任いただき、政府・民主三役会議に上げたい。今日はこれで一任をいただきたい」と宣言し、会議と突然打ちきってしまったのです。
政府・民主党は、前原氏に一任?されたことで、20日に三役会議を開いて修正合意の了承を確認し、21日の衆院採決を目指す方針だということです。
しかし、小沢一郎元代表のグループを中心とした反対派は一任を認めず、採決では集団で造反する構えのようで、民主党の内部分裂は、この法案をめぐって、さらに加速するのは確実でしょう。

 

京都府亀岡市で起きた、集団登校中の小学生ら10人が軽乗用車にはねられ死傷した事故。
被害者遺族たちが、加害者の少年に危険運転致死傷罪の適用を求めるなどの署名を行うことが明らかになっていますが、その一方で事故で亡くなった小谷真緒さんの遺族が、代理人弁護士を通じて、31日に京都地検に再捜査を求める申入書を提出したことが明らかになりました。
小谷さんの遺族らは、少年に危険運転致死傷罪ではなく、自動車運転過失致死傷が適用されたのは、「十分な捜査がされていない」として、より罰則の重い危険運転致死傷罪の適用を求めるため、再捜査を求めているそうです。
少年の審判は6月初旬に開かれる予定になっていて、検察官送致となれば、地検は10日以内に起訴するかどうかを判断することになるそうです。
遺族たちも、このままでは納得できないでしょうが、地検がどう判断するかに注目ですね。

 

インフルエンザが蔓延する中で、マスクをする人が増えています。
ただ、マスクにも種類があるため、機能を満たしたマスクをしないと、マスクをしていてもインフルエンザ予防にならないこともあるんです。
そのため全国マスク工業会は7日、マスクの性能や効果が一定基準を満たした加盟社の商品に、工業会の会員マークの表示を3月1日から認めることにしたと発表したのです。
さらに、これまで商品に表示されていた、「花粉症を予防」「インフルエンザウイルスをカット」など病名を挙げて表示は、医薬品同様の効果を消費者に誤認させる可能性があるため禁止になり、パッケージ前面に「マスクは感染を完全に防ぐものではありません」と、見やすく表示することを義務付けるそうです。
こうした基準を満たしたマスクだけが、商品パッケージに会員マークを表示できるということです。
3月1日からは、会員マークが表示されているマスクを購入すれば、性能や効果に関する過剰表示しているマスクを買わずにすみますよ。

 

カードの申込をしようと思うのですが、なんか友人に相談するのは後ろめたくて、、、インターネットで情報収集を始めました。クレジットカード審査WEBを利用することで、誰にも情報を教えることなく自分だけで審査を受けることが出来るのでホッとしました。審査が無事に通るまでは友人達には黙っておこう。。。

 

わずか1年で離婚してしまった歌手の浜崎あゆみさん。
しかも、浜崎さんは日本の区役所には届けを提出していなかったため、日本の戸籍では独身のままだったことが明らかになっています。
ただ、これは違法行為だそうで、日本の法律上では、戸籍法第41条で海外で婚姻が成立したら、3カ月以内に結婚許可証の写しを提出しないといけないことになっているんだそうです。
ですが、違法行為ではあるものの、この法律を違反しても5万円以下の罰金を支払えばすむため、海外で、海外の相手と結婚した人の中には、「イザというときのために戸籍を汚したくない」などという理由から、日本の区役所に報告しない人も多いということです。
しかし、浜崎さんのように円満離婚をすれば問題はありませんが、離婚問題が揉め裁判沙汰になった場合、相手の国でしか結婚していませんから、原則として、相手の国で裁判しなければいけなくなるという落とし穴があるそうですよ。

 

脱毛の話って、あんまり友達と話したくないと思っていたのですが、何も知らないでいるよりはいいと思って思い切って友達に話を振ってみたのですが、友達は脱毛サロンに通っているって言ってました。私も脱毛 比較していいサロンを見つけようと思いました。

© 2012 ぼくらの債務整理 Suffusion theme by Sayontan Sinha